カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ガーネット

◆ パワーを与えてくれると言われてる宝石 ガーネット

ガーネットの歴史は,古く紀元前3000年には、エジプトでジュエリーとして使われていて,ヨーロッパで流行したのは、
かなり後の十九世紀になってから身近な宝石として扱われるようになりました。
日本でも、柘榴石とよばれ身につけると永遠の友情と信頼をもたらし己の身を守ってくれると伝えられています。

鉱物名→ガーネット
日本名→柘榴石(ざくろ石)
語源→ラテン語グラナトゥム(「ざくろ」の意味)
化学式→X3Y2(SiO4)3
比重→3.6〜4.2
・色→赤・ピンク・緑・褐色・黒
・結晶系→等軸晶系
・結晶→24面体、斜方12面体など
・硬度→6.5〜7.5
・劈開→なし
・産地→ブラジル・スリランカ・タンザニアなど

◆ガーネットにはいろいろな種類(色)があります。

◇パイロープ→赤色
◇ロードライト→赤紫色
◇アルマンディン→濃赤色
◇グロッシュラー→黄緑色・緑色・褐色・ピンク
◇スペサルティン→赤色・黒色・褐色
◇アンドラダイト→緑色・黄色・黒色
◇ウバロバイト→濃緑色


◆ ガーネットのお手入れの仕方

ガーネットは、通常身に着けていても、心配はありませんが、
他の宝石と同じ様に、ぶつけてしまうなどの、強い衝撃を加えてしまうと、
欠けてしまう事があるので注意して下さい。
炊事や洗濯などの、家事をする場合は、なるべく外した方が良いです。


※ 保管する時には、他のジュエリーとぶつかり合わない様に保管して下さい。


汚れてしまった場合は柔らかい布で拭いて下さい。
汚れの酷い場合は、ぬるま湯に中性洗剤を数滴入れて浸して置いてから、
柔らかい歯ブラシか綿棒で優しく汚れを取り除いて下さい。
その後、よくすすぎ洗いをして、水気をとって乾かして下さい。



◆ ジュエリーを大切にする習慣を身に付けましょう。◆

 手を洗う時、お風呂(温泉)や、プールにに入る時は外す事を習慣にしましょう。
  ※ この時置き忘れたり、無くしてしまう事が多いので気を付けて下さい。

 メイクをする時、メイクを落とす時、ヘヤースプレーやワックスをつける時
   には外す事を習慣にしましょう。
  ※ この様な時が一番汚れが付きます。気を付けて下さい。

 寝る時はジュエリーを外す事を習慣にしましょう。
  ※ ピアスやキャッチなど無くしてしまう事が多い様です。

 ジュエリーはぶつからない様に保存する事を習慣にしましょう。
  ※ 財布や小銭入れ、化粧ポーチの中には入れないで下さい。
  ジュエリーが壊れる一番の原因です。

  ☆ これだけ守る事が出来たら、お手持ちのジュエリーは、綺麗に安全にお使い頂けます。
    それでも問題が生じたら専門店にご相談下さい。


ページトップへ