カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

エメラルド

◆ クレオパトラが愛した宝石 エメラルド

エメラルドは、鮮やかな美しさだけではなく、その深みをたたえた緑色は見つめるだけで、
心が和む美しい才色兼備の石と言えるでしょう。
美しき伝説の女王クレオパトラが、愛して止まなかった事でも有名な宝石です。
また硬度自体は、弱くはありませんが、内包物が多い為、割れやすく、
傷つきやすい繊細さを合わせ持っている宝石です。


鉱物名→ベリル
日本名→緑柱石
語源→ギリシャ語のスマラグドス(「緑」を意味する)
科学式→Be3Al2Si6O18
比重→2.6〜2.9
色→緑
・結晶系→六方晶系
結晶→六角柱状
硬度→7.5〜8
劈開→なし
産地→コロンビア・ブラジル・ザンビア・パキスタンなど




エメラルドのお手入れの仕方 ◆

エメラルドはデリケートな宝石なので、衝撃に弱いため、テーブルの角などにぶつけてしまうなどの
強い衝撃を加えてしまうと、亀裂が入ってしまう事や、最悪割れてしまう事がありますので、ご注意下さい。
家事をする時はなるべくなら外した方が良いです。

※ 保管する時には、他のジュエリーとぶつかり合わない様に保管して下さい。
  特にエメラルドは、デリケートなので、1つ1つ丁寧に保管して下さい。

.エメラルドはデリケートな宝石なので、使用した後は柔らかい布で優しく注意深く拭いて下さい。
汚れが酷い場合は専門店にご相談下さい。
超音波洗浄機や洗剤のご使用は、お止め下さい。



◆ ジュエリーを大切にする習慣を身に付けましょう。◆

 手を洗う時、お風呂(温泉)や、プールにに入る時は外す事を習慣にしましょう。
  ※ この時置き忘れたり、無くしてしまう事が多いので気を付けて下さい。

 メイクをする時、メイクを落とす時、ヘヤースプレーやワックスをつける時
   には外す事を習慣にしましょう。
  ※ この様な時が一番汚れが付きます。気を付けて下さい。

 寝る時はジュエリーを外す事を習慣にしましょう。
  ※ ピアスやキャッチなど無くしてしまう事が多い様です。

 ジュエリーはぶつからない様に保存する事を習慣にしましょう。
  ※ 財布や小銭入れ、化粧ポーチの中には入れないで下さい。
  ジュエリーが壊れる一番の原因です。

  ☆ これだけ守る事が出来たら、お手持ちのジュエリーは、綺麗に安全にお使い頂けます。
    それでも問題が生じたら専門店にご相談下さい。



ページトップへ